リョウシンJV錠が「効く人」「効かない人」

リョウシンJV錠が「効く人」「効かない人」

リョウシンJV錠

 

リョウシンJV錠を使って、自分の症状が緩和されるのかどうか分からず、不安に思っていませんか?

 

本来なら病院で診察してもらうことが改善への近道なのですが、

 

「病院に通う時間がない」
「処方された薬を飲んでも効果がない」

 

このような理由から、病院に通わなくなった人もいるでしょう。

 

そのような方に向けてリョウシンJV錠が「効く人」と「効かない人」の違いについて紹介していきます。

 

 

リョウシンJV錠が効く人

 

リョウシンJV錠が効く人はこのような症状の方です。

 

  • 加齢によって膝や腰が痛む
  • 筋肉が硬直することによる肩こり(四十肩・五十肩)
  • 目の使い過ぎからくる眼精疲労

 

これらの症状は筋肉が神経を圧迫することで痛みを発している状態です。

 

リョウシンJV錠に配合されている有効成分で筋肉のコリをほぐすことで症状を緩和することができます。

 

「階段の上り下りがしんどくなった」
「関節を動かす時に違和感を感じる」

 

リョウシンJV錠をは、加齢によって膝関節の軟骨が減少する変形膝関節症の方が多いようです。

 

 

リョウシンJV錠が効かない人

 

リョウシンJV錠は坐骨神経痛と椎間板ヘルニアに対する効果は認められていないと公式サイトに記載されています。

 

そもそも坐骨神経痛が発症する原因は複合的要因によるもので、「これが原因で起きている!」このようなハッキリとした原因は分かってないそうです。

 

つまり、原因が分からない以上、「リョウシンJVによって症状がよくなると言いきれない」といったところでしょうか。

 

坐骨神経痛にリョウシンJV錠は効かないのはホント?

 

一方、リョウシンJVに配合されているシアノコバラミン(B12)が坐骨神経痛の症状緩和に効果があるとされる論文もあります。

 

まだ臨床試験の段階ですが、優位性が認められています。坐骨神経痛の方でもリョウシンJV錠を試してみる価値はありそうですね。

 

まとめ

 

リョウシンJV錠を服用して、効く人と効かない人をまとめます。

 

リョウシンJV錠が効く人

 

  • 加齢によって膝や腰が痛む
  • 筋肉が硬直することによる肩こり(四十肩・五十肩)
  • 目の使い過ぎからくる眼精疲労

 

リョウシンJV錠が効かない人

 

  • 坐骨神経痛
  • 椎間板ヘルニア

 

ただ、坐骨神経痛に関しては、リョウシンJV錠に配合されている成分が臨床試験で優位性が認められていますので、試してみる価値はありますね。

 

 

リョウシンJV錠の公式サイトを見てみる